医療事務管理士

医療事務管理士という資格をご存知でしょうか?

医療事務の仕事は多岐に渡っていますが、一口に医療事務と言いましてもたくさんの資格が存在するわけです。

その中で、医療の現場には欠かせない医療事務管理士について解説してみたいと思います。

医療事務管理士とは、保険点数の計算を含めた会計業務を行ったり、さらには毎月の医療報酬明細書(レセプト)の作成をはじめとする仕事を行う、いわゆる医療事務全般に関するスキル保持している事を証明する資格です。

医療事務管理士技能認定試験とは、(株)日本医療事務センターの子会社である(株)技能認定振興協会が試験を主宰し、発行している医療事務の資格です。

資格は医科と歯科に分かれていますので、試験内容も異なります。

「医療事務管理士」の称号は、平成17年10月に特許庁よって商標登録が認められたことから、公に認知された資格となりました。

全国で14万人を超える有資格者が、第一線の医療現場で活躍しています。

病院での物品管理業務や、カルテ管理においては、医学や薬学等の知識も必要となってきます。

ですから、医療事務管理士の資格をもつ人は、病院などの医療機関では欠かすことのできない人材となっていきました。

このような医療現場からの要請を受けて、医療事務の専門家を育成・認定するために設置されたのが医療事務管理士技能認定試験です。

医療事務管理士資格を取得するための受験資格は、特にありません。

試験では、実技と学科試験が行われ、医療事務管理士資格取得後は、病院やクリニックといった医療機関に勤務します。

そして事務職エキスパートとして医療現場を事務面からサポートします。

医療の現場では非常にニーズの高い資格なので、医療事務管理士の資格を持っていれば就職活動ではかなり有利だと言えるでしょう。