豊胸手術の種類(インプラント)

胸が小さくて悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。もう少し胸が大きかったら、水着も夏の薄着も温泉旅行も楽しめるのに・・・。そんな悩みを抱えている女性が注目しているのが豊胸手術。手術にはさまざまな方法がありますが、最もポピュラーなものに豊胸バッグを胸に入れるインプラント豊胸術があります。

インプラント豊胸術にはよく知られているものに大胸筋下法(脇の下切開し、大胸筋の膜の下にインプラントを挿入)、 乳腺下法(脇の下もしくは乳房の下を切開し乳腺の下にインプラントを挿入)があります。豊胸術で使用されるインプラントはバッグ、プロテーゼとも呼ばれ、バイオセルバッグ、CMCバッグ、バイオジェルバッグ、コヒーシブシリコンバッグ、ソフトコヒーシブシリコンバッグなどさまざまな種類があります。インプラントの中身はシリコン、生理食塩水、ハイドロジェルなどがあります。また形もラウンド型(丸型)、アナトミカル型(しずく型)があります。

豊胸術をするときはしっかりとカウンセリングを受け、使用するインプラントのメリットデメリットなど確認して自分に合ったものを選ぶようにしましょう。不安な点・分からない点は必ず医師に確認し、よく理解してから豊胸術を受けましょう。

関連する投稿