豊胸バッグの種類

豊胸手術の一つとして広く知られているものに胸に豊胸バッグを入れて大きくする方法があります。この豊胸手術に使用されるバッグにはさまざまな種類があります。ここで豊胸バッグをいくつかご紹介したいと思います。

<バイオセルバッグ>

バイオセルバッグは3層構造になっているため耐久性に優れており、また拘縮の心配も少ないため安全性にも優れています。その他バイオセルバッグは仕上がりが自然であるため豊胸バッグとして高い評価を受けています。

<コヒーシブバッグ>

コヒーシブバッグは万が一外膜が破れても内容物が漏れないものとなっており、従来の豊胸バッグと比較し安全性に非常に優れており、豊胸バッグとして多くの場所で採用されています。

<CMCバッグ>

CMCはカルボキシルメチルセルロースを略したものです。CMCは食品にも含まれている成分であるため、CMCバッグは安全な豊胸バッグとして注目を浴びていました。また仕上がりも自然であるため多くの人がCMCバッグの豊胸手術を受けていました。しかし、最近ではその安全性が疑問視されていますので注意しましょう。

豊胸バッグにはその他、生理食塩水バッグ、シリコンバッグ、クリスタルバッグなどさまざまなものがあります。

安全性をしっかりと確認し、自分に合ったものを選びましょう。

関連する投稿